GINGI99 Blog

データ分析や日常に関するブログ

AAAI2018に参加・発表しました

2018/2/2-7でニューオリンズで開催されたAAAIに参加・発表したときの旅程も含めたメモです。 私自身は、2月5日の午前中に発表がありました。ロサンゼルスで開かれるWSDM2018に参加する予定もあったため、2/5の午後で抜けることになりました。

aaai.org

2/2

成田空港を17時代に出発しました。ヒューストン(IAH)経由で、ニューオリンズ(MSY)に17時に到着しました。空港から会場ホテル(ヒルトン)までは、タクシーで30ドルくらいの定額で、30分くらいだったと思います。 この時期はマルディグラのイベントがあったため、大きな道を渡ることすらちょっと難しい感じでした。

2/3

この日はEAAI、チュートリアル、ワークショップがありました。

私は発表準備で出席できなかったですが、別の参加者がFakeNewsのチュートリアルに出席しており、これまでのアプローチやデータセットなどのまとめ資料がとても良かったようです。

Computational Solutions against Fake News: AI vs. DB Approaches

夜はOpening Receptionがありました。すでにかなりの人数が参加していました。あまりがっつりご飯は食べずに近くの(といっても、徒歩20分くらい。。)スーパーに食材や水を調達しにいきました。マルディグラがあったため、道は少し遠回りになりました。。

2/4

AAAI / IAAI Welcome

開会の挨拶的なものから学会の統計情報等が発表されました。

参加者数は前回より、36%増加の2200名ほどだったみたいです。さすがのAIブームを感じました。 f:id:gingi99:20180204233630j:plain

投稿数は、47%増加の3800件と、参加者数以上に大幅に増えていました。 f:id:gingi99:20180204233647j:plain

国別のAccept数を見ると、アメリカについで、中国、続いて他の国が続くようです。 f:id:gingi99:20180204233724j:plain

論文の傾向ランキング、Machine Learning Method、Vision、NLPという順番です。個人的には、去年がどうだったかわからないですが、案外Application系の論文も多いなと感じました。 f:id:gingi99:20180204233744j:plain

発表の最後で、Baconという単語がある論文のAcceptance Rateが48%だったという報告で会場中の笑いを取っていました。逆にどんな論文にBaconが入っていたのだろうか…。

Challenges of Human-Aware AI Systems (AAAI-18 Invited Talk)

最初にアリゾナ州立大学のSubbarao Kambhampati先生から人間を意識したAIシステムに関するいくつかの問題点を紹介する話がありました。

人間がAIが定めたルールから意思決定をしていく場合に、AIが定めたルールを人間は選択しないことのほうが多い話が印象的でした。全体的に、AIを人間が適切に使うことがまだまだ難しいということがメッセージだったと思います。

IAAI-18: Focus on and Support of the Customer

Hi, how can I help you?: Automating enterprise IT support help desks

IBM Reseachの発表。QAシステムの話で、顧客が満足する回答を返す方法についての話。

CRM SALES PREDICTION USING CONTINUOUS TIME-EVOLVING CLASSIFICATION

CRMシステムの話で、時間の進化で顧客の嗜好も変わるからその分を考慮した(時刻を条件付きにして、特徴量を修正するような変換)アプローチの紹介。

VoC-DL: Revisiting Voice Of Customer Using Deep Learning

Adobe Researchの発表。顧客からの声が何のトピックか分類する問題。CNNとRNNを使って特徴をうまく作ってるような話。

IAAI-18: The Business of Time and Money

Secure and Automated Enterprise Revenue Forecasting

Microsoftの発表。収益予測が結構自動でうまく当てれる話。どの辺が効くのかの詳細を論文をあとで追う。

Investigating the Role of Ensemble Learning in High-Value Wine Identification

ワインの価格予測。アンサンブル学習(バギング、スタッキング)の方法を実験していた。

Poster

夜はポスターセッションがありました。軽食で出たハンバーガーが意外と美味しかったです。

Deep Learningの論文の図を解析し、自動でコード化する発表をしていたポスターが面白かったです。

2/5

IAAI-18: Analyzing Software and Network

Classification of Malware by using Structural Entropy on Convolutional Neural Networks

CNNを用いてマルウェアの分類精度をあげた話。

Mobile Network Failure Event Detection and Forecasting with Multiple User Activity Data Sets

ユーザ行動(ソーシャル上での行動、またはサービスに対するWebアクセスや検索)からサービス故障を検知・予測できるかという話を発表しました。予測はどうしてできるかのという点で質問をいただきました。

DarkEmbed: Exploit Prediction with Neural Language Models

Exploitをとらえるために、スパースなデータのEmbeddingをどうやるかについての研究。

ニューオリンズについて

アメリカ南部ははじめて行きました。会期中がたまたまマルディグラの時期で、1日中パレードがやっていたみたいです。なんとなく暗い道が多く、全体的に治安を心配するところもありました。

ミシシッピ川が会場ホテルのすぐそばで、RiverWalkがありました。あまりキレイな色ではなかったですが…笑。

f:id:gingi99:20180204135141j:plain

会場近くのGrand Isle Restaurantにいきました。ニューオリンズはアメリカの中で美食の街としても有名みたいで、海鮮が美味しいようです。ザリガニ料理などを食べました。たしかに美味しかったです。

f:id:gingi99:20180217231246p:plain